아시아뉴스통신

뉴스홈 전체기사 정치 경제 사회 국제
스포츠 전국 연예ㆍ문화 주식ㆍ증권 Global News TV

釜山デジタル資産流動化グループNCCA, グローバル暗号貨幣取引所と上場契約

デジタル資産流動化専門グループNCCA社、超大型グロー暗号貨幣取引所の上場契約 成長性のある有望な技術の特許、不動産事業、デジタル資産流動化が可能になり 実物資産ベースの世界初のデジタル資産流動化専門企業 今年9月にグローバル5大取引所に同時上場推進 国内最高レベルのブロックチェン技術者、金融関係者も参加

  • 2019-05-17 10:23
  • 아시아뉴스통신=안정은 기자
NCCA, Happytcon(HTPC)

釜山デジタル資産流動化グループNCCA, グローバル暗号貨幣取引所と上場契約


釜山の代表的なデジタル資産流動化専門家グループであるNCCA社(代表取締役バン・ソユン)が超大型グローバル暗号貨幣取引所と15日電撃上場契約を締結したことが知られ、注目を集めている。

16日ブロックチェーン業界によると、国内初のデジタル資産流動化専門家グループであるNCCA社は、
既存の暗号通貨とは概念から全く別の実物有形無形の資産をベースにした世界初の配当増殖型デジタル資産流動化ブロックチェーンのプラットフォームとして、昨年初めに発足し、信託資産ベースブロックチェーンの技術開発と海外のインフラ構築に専念してきている。

現在コインパスなど、暗号通貨取引技術の開発、国内最多の実績を保有している最上の技術陣を中心にIBK証券・国民銀行など金融界出身ファイナンシングの専門家と国内外の有数のブロックチェーン専門の人々が常勤顧問として参加している。

NCCAが発行するハッピーティコン(HPTC)は事業を推進するためのSTO、すなわち証券型トークンではない。

ビジネスや営業利益をデジタル資産を保有することになるプラットフォームのメンバーと共有するための純粋な配当型デジタル資産である。

情報の分散保存を通して、情報を分散共有するブロックチェーンの基本的な技術をそのまま会計構造に入れて公共取引帳簿を作成しデジタル資産保有者に公開するので、全ての経営事業の情報を透過的に把握することができる。

当該事業の資金融資は公認された会計監査機関によって管理監督され、事業法人の不動産や株式、発行したデジタル資産に至るまで、すべての有形無形の資産が信託に委ねられて管理されている実物資産信託ベースのプラットフォームである。

最近、アメリカ証券委員会がブロックチェーン信託業務を承認することにより、信託ベース実物資産デジタル資産流動化が軌道に乗っており、すでに暗号貨幣の世界的な傾向も採掘型からデジタル資産型に移動しており、デジタル資産の信託に対する関心も高まっている。

NCCA社は今年9月にグローバル5大取引所の同時上場を目指して関連特許3件を出願しながらグローバルブロックチェーングループに進出するために、日本など海外支社設立にも積極的に乗り出している。

関連業界は、NCCA社のデジタル資産流動化プラットフォームを通じた配当型デジタル資産の上場を比重を置いて見つめている。

成長性のある有望な技術・特許・不動産・事業者に対してNCCA社のブロックチェーンプラットフォームを通じた資産流動化が可能だからだ。
持続可能で成長性のある事業で新たにメイドされ安定化され、収益が増えるほど、配当も同時増加する配当増殖型構造でリニューアルされる。

信託資産に基づいて発行価を保証する世界初の発行価保証デジタル資産でもある。

今後マスター・VISAカードなどの連動により、世界のどこからで現金のように使用できるように、グローバル決済機能も備えるための提携を推進している。

デジタル資産の分野では、昨年からJPモガン、Google、Facebookなどの世界的な企業がステーブルの発行に争って飛び込んであり、サムスンなどの韓国企業もカウントダウンに入ったことが知られ、暗号貨幣の時代の新しいビッグテータ産業として浮上している。

第1世代のベンチャーブームのリーダーであったイ・ジュンギュNCCA社総括チーフは「ブロックチェーンの分野は、現在、単純なコンテンツを持つユーティリティベースは生き残るのが難しくなった。すでに実体経済をベースにした構造の競争の時代に突入した。」とし「HPTCはこのような時代の気流に尖兵の役割をすることになるだろう」と明らかにした。

속보